占い師の良し悪しを見分けるポイント

A fortune teller sitting at a desk gesturing at a glowing crystal ball. The bald man with the long beard wearing an elegant black suit, a white button down shirt and a tie. He is looking at the camera.
T.Hさま
山羊沢先生こんにちは。いつも勉強させて頂いています。
私は電話占いを副業でしていますが、電話占いを使うのも趣味です。
しかし、占い師にも良し悪しあるもので、単純に自分に合わないのであれば、それで良いのですが、どうしてこれでお金を取れるのか、という先生に当たることもあります。
そこで今回メールを差し上げたのですが、この、「占い師の良し悪し」を判断するポイントというのはあるのでしょうか。
副業でためたお金で電話占いを使っているので、やっぱりいい先生に占ってほしいです。
お客さん目線の質問で恐縮なのですが、よろしくお願いします。

お答え!

山羊沢
こんにちは。山羊沢です。
確かに、占い師の先生方は沢山いらっしゃいますから、正確の合う合わないももちろんありますし、技術の加減についてもさまざまですよね。
特に電話占いは、特徴的な先生が沢山いますから、ご質問の内容もうなずけます。
では、どのようにして、技術が優れている先生かどうか判断すれば良いでしょうか。
実はとてもシンプルなポイントがあります。
【腕の立つ占い師を見分けるポイント】

  • 占いについて「当たらない」事についても説明している
  • 神秘的な話ばかりをしない
  • どのような結果であれ、それを踏まえた今後のアドバイスをしてくれる
この3点が、良い占い師かどうかを見分けるポイントです。

どうして?

山羊沢
このポイントに当てはまる占い師は良い占い師であると言えるでしょう。
逆に、このポイントの反対の占い師を考えてみるとわかりやすいですね。

  • 「当たる」という話ばかりをして、外れに対するフォローをしない。
  • 霊感や抽象的な話ばかりする(現実的な話をしてくれない)
  • アドバイスが無い
いかがでしょうか。

本来、占い師の行っている仕事というのは単純な事です。

「悩みに対して助言をする」

この本質を見失った占い師さんに多いのが、前述したような占い師になります。

特に、電話占いの世界では「霊感」という言葉はとても人気があり、企業によっては、プロモーションの一つとして占い師のキャラクターに無理やり付け加えられてしまうこともしばしばです。
これは、ビジネスとして企業が展開している都合上やむを得ませんし、職業として電話占い師を選択するのであれば業界の構造を理解すべきです。
しかし、どの世界に身を置くにせよ、占い師としてのいわば「矜持」を持って仕事ができていれば、どのようなキャラクターで、どのような占術を用いたとしても本質を見失う事はないでしょう。
ぜひ、今回ご紹介したポイントを参考にして頂ければと思います。

みなさんも、かけこみ寺へ質問をしてみませんか?
下記ボタンより、簡単にご投稿頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です