スムーズにセッションを進行するには?

こんにちは。コンサルタントの山羊沢です。

先日、都内で活躍している占い師向けのセミナーで講話をさせて頂きました。
私はセミナー終了後に毎度、個別質問の受付を行っているのですが、今回は「セッションの円滑さ」についての質問を何件か頂戴しました。なので、悩んでいる方も多いのかな?と感じたその質問についてお話しさせていただこうと思います。

円滑なセッションや占術展開はなぜ重要なの?

なぜ、なめらかなセッションの進行が重要なのでしょうか?

非常に単純に、「プロっぽさ」を感じる、という点につきると思います。仕事の洗練と言い換えても良いですね。

スーパーのレジで、バーコードをスムーズに読み取れない店員さんだったとき、店員さんに多少の不安を覚えた経験はみなさんもおありでしょう。
これと同様で、スムーズな仕事というのは、お客さまからの信頼を向上させる心理効果があります。

特に占い師の仕事の場合、相談者ははじめから不安を抱えた状態でお見えになりますから、気をつけたいところです。

また、占いは因果関係をはっきり説明しなければならない場面が度々あります。
これも、全体を通して円滑なセッションができていないと、相談者に上手に伝わらないケースもあります。
唐突にあいさつから占いに移ってしまったり、突然アドバイスが始まったりしてしまうと、相談者が困惑してしまいます。
「相談内容と占い」、「結果とアドバイス」などはつながりがありますから、そのつながりがわかりやすいように話してセッションを進める必要があります。

スムーズに進める為に重要なポイント

では、実際にスムーズな仕事をする為に、どのような事を意識すれば良いでしょう。
取り組みはいろいろあるのですが、私は、セッションの進行をイメージ(予見)できているか、という点が一番ポイントのような気がします。

おおよそ相談者の悩みというのは仕事、恋愛・・・などいくつかの分野にカテゴライズできるものです。
そして、恋愛なら「片思い」、「付き合っている最中の揉め事」・・・などさらにお決まりのパターンがあります。仕事の悩みなども同様ですね。
このパターンによって、相談者の質問も決まったものがあります。
このように、相談者から相談事・悩みを聞いた時、自分の中で「こういう質問が来るな」、「こういう鑑定を折り込んだほうがいいな」などのセッションの流れをイメージできているかどうかが、セッションをスムーズに進行できるかどうかの大きな分かれ目になるでしょう。

ベテランの占い師さんほど、多くの相談事を視てきていますから、予見の幅や深さがあります。

占いではよく、「何も行ってないのにどうしてわかるの!?」と相談者が驚くシーンを見ることがあると思いますが、これも、経験から大体「何を聞かれるか」、「答えるべきか」がわかっているからです。いわば悩み相談の百科事典ですね。そんなベテランさんだと、相談者も安心できます。

また、占い師としての経験が浅くとも、恋愛相談や、人間関係の悩み相談などにのったことはみなさんあると思います。
その時どんなことを聞かれたかな?と思い出してみると、大変役に立つ場面がありますよ。

未来を視ることは占い師の仕事の一つですが、たまに過去にどんな相談事があったのか思い出してみると、仕事に役立つ知恵があったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です