好きな色でわかる簡単色占い【占いの方法コラム】

Pantone sample colors catalogue

どんな人にも、その人のお気に入りの色や苦手な色というのがあるものです。
実は、色はそれぞれ、さまざまない意味合いを隠し持っています。
自分の好きな色を基に占うことが出来る色占いは、アドバイスや性格診断などの部分で役に立ちますね。
今回はそんな色占いについてご紹介します。

色占いとは?

色というのは、あらゆるものが持つ属性の一つであり、私達の生活に欠かせないものですね。
色占いにもさまざまな種類があり、直感的に色を選んでその時の気分を見たり、自分の星座や生まれた日と結びつけたものがよく知られています。
色はその人の深層心理が現れやすいと言われており、精神状態や、心が受けている影響を無意識の内に反映するのが、その時に惹かれる色だそうです。
まだ自分も気づいていない感情や才能、相手の本当の気持ちなどを占うにはシンプルで昔から親しまれている手法の一つです。

色占いで使われる代表的な色

以下の色は色占いで使われる代表的なものです。

色の名前 意味
純粋・繊細さ・高潔・完璧主義・不正を嫌う・真理・光
愛・正義感の強さ・力・行動力・男性性・炎
ピンク 思いやり・愛情深さ・包容力・恋愛・結婚・花
マゼンタ 美意識の高さ・センス・協調性の高さ・教養
オレンジ 活発・陽気・感受性の高さ・大胆さ・食欲・協調性・太陽
黄色 ユーモア・知識・楽しさ・明るさ・二面性
誠実・自然・心の豊かさ・実り・木々・摂理・忍耐
水色 自由・解放・創造性・柔軟・水
平和・秩序・法・信頼・節制・真理・叡智
ラベンダー 感受性・奉仕・第六感・精神・高貴・霊性
おしゃれ・洗練・自我・衝動・天才肌・自尊心

自分のセッションに上手に取り入れよう

上記した色の他にも色の種類は膨大です。それぞれがさまざまな意味合いを持ちますが、
親しい色は近い性質をもつ傾向があります。

前述したように、色は自分でも気づいていない精神状態を見たりと深層心理にフォーカス
した鑑定が出来る点が魅力です。

例えばアロマと組み合わせてヒーリングの効果を追求したり、チャクラなどのエネルギーワークに活かすこともできます。
また、タロットや占星術であればそれぞれのシンボルが持つ色を参考に深いリーディングやアドバイスをすることができるでしょう。

もちろん、相談者とのコミュニケーションツールとして使うことも出来る知識ですね。

占いには、宗教的な側面の他にも、このように多くの周辺知識が存在します。色や数字などはその代表的なものですね。
占術知識の他にも、このような知識を用いてセッションを展開できると、広いアドバイスが期待できるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です